時計の選び方

時計の選び方

女性の時計の選び方

女性の腕時計選びなら美しくアイテムを選ぶべきです。
私が20代前半までは、それほど高くない腕時計を普通にはめていました。
いつからか腕時計そのものがジュエリーのよう感じだし始めてきて、一つのステータスだと気が付きました。
当時はバブルの名残りであったこともあってか高級腕時計のカルティエが人気沸騰でした。
カルティエもそうですけど、、私のボーナスどころじゃ買えない高価なものもありますし海外旅行を1回我慢すれば手の届く腕時計もあり、買うと決めてからはもう週末ごとに直営店に通いましたし腕時計の雑誌をめくったりパンフレットを眺めたりどれにしようか楽しみに選んだものです。
私にとってカルティエの腕時計の魅力の最大のポイントは、女性の手首を美しく見せてくれるということです。
エルメスだってブルガリだってそうでしょうけれど当時の私には、とにかくカルティエの腕時計でないとダメだったのです。
完全に魅了されていましたね。
とにかく、初めてのカルティエ時計を手に入れた後、40代後半の今になるまで、カルティエの時計は全部で4つ買いました。
今はもう、カルティエしか着けられません。
オーバーホールをしながら、大切に大切に扱っています。
もし、自分の気持ちを高める女性らしい腕時計を探している方がいたら私はぜひカルティエをおすすめしたいです。
少し高い買い物になるかもしれませんが持っていて絶対に損はしない気品溢れる腕時計です。

腕時計の選び方

腕時計を選ぶならOmegaを見てからでも遅くないですよ。
私が腕時計を買うタイミングは、自分へのご褒美や海外旅行へ行った時などがあります。
数年勤めた会社を退職した時に、退職金ではじめて高級腕時計のOmegaを百貨店で購入しました。
父母に付き合ってもらい選びまして、ドキドキしながら支払いをした事を覚えています。
やはり高級腕時計は付けているだけで気分が違います。
時が経てばメンテナンスも必要となりますが、なんど直しても使い心地の良い腕時計で手放せません。
私の退職とは反対にこれから新社会人になられる方には社会人一年生として腕時計を新しく新調するのもステキな腕時計と出会うポイントなのかも知れないと考えています。
他におすすめする腕時計は子供に人気のLEGOの腕時計やG shockです。
LEGOの腕時計はハワイから帰国する機内ショップで出会いました。
LEGOの要素満載で何通りにもオリジナルデザイン対応です。
子供用として販売されていましたが、私は男性ですが女性の腕なら十分可能です。
何せ嫁さんがしています、
G shockは今やカラー種類も豊富で、夏の半袖の腕にはとても目立ちます。
ホワイトは夏向けと思っていましたが、冬でも十分可愛くつけられる物だと最近感じました。
オンオフで使い分ける事が出来る腕時計はとっても魅力的です。
まだまだ色々な腕時計を知りたいと、本数が増えるごとに思うようになりました。

最近の私の時計の選び方

最近の私の腕時計選び。
今はスマホを時計代わりにする人も多いですが、私は昔から腕時計で時間を確認する癖があることもあり、私にとって腕時計は必需品です。
そして毎日身につけるものだからこそ、気に入ったものを持ちたいと思っています。
現在使っているものは、エルメスのクリッパークロノグラフです。
こちらを選んだ理由は、骨格診断か自分に似合う丸型の文字盤であることと、文字盤が大きめのもので、特に文字盤とバンド部分がはっきり分かれていて文字盤の丸型が際立つデザインのもの、ということが一番のポイントでした。
また、腕時計のメカっぽさにかっこよさを感じていたのでクロノグラフを選びました。
一方で女性におおすめできるしアクセサリー感覚という面も強いので、扱いやすいクォーツ、ブランドも腕時計へのこだわりの強さを感じさせすぎない女性らしさのあるエルメスにしました。
高級腕時計ブランドに比べて購入しやすい価格ですが、ブランド自体は一流という点も、女性が少しだけいいものを身につけるにはエルメスはおすすめだと思います。
ただ、とても気に入っているデザインの腕時計ですがこちらはステンレスモデルのため、その後身につけるアクセサリーがイエローゴールド寄りになる事はちょっと覚えてほしいです。
このようにイエローゴールドばかりに変わってしまった事もあって、自分自身のコーディネートをトータルで考えると、今後はゴールドやコンビタイプのもの茶系の革バンドのものやもう少しジュエリー感覚の強い華奢なデザインの高級腕時計を選びたいです。
何よりも見て好きなデザインと、自分のスタイルに合うものが少々違っていたかもしれないなと思い、腕時計選びは難しいものです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*