シックスパックの食事/腹筋を割るために体脂肪率を下げる方法


シックスパックの食事/腹筋を割るために体脂肪率を下げる方法

 

上記動画(腹筋RED)以外で参考になるのがテレビCMでも御馴染みのライザップの食事メニューです。ライザップでは専属のトレーナーが付きマンツーマンの筋トレを行いますが、日々の食事もトレーナーに報告する必要があります。

腹筋を割るための筋トレも大事ですが、食事も同じくらい大切です。特に特徴的なのは、米やパン、麺類など炭水化物、バナナやリンゴ等の果物、野菜では芋や人参も食べることを制限されます。つまり、糖質の多い食材は禁止ということです。その代わり、牛肉、豚肉、魚などのタンパク質はしっかり摂ります。理想の食事の量は朝3:昼5:夜2という割合が理想です。また日本酒やビールも厳禁です。しかし、低糖質のウィスキーや焼酎はOKとされます。基本的に野菜から食べることが大切です。

具体的には、例えば以下のような食事です。

朝食:チーズ入りスクランブルエッグ、ベーコンとほうれん草の炒め物、シーフードとアボカドのサラダ

昼食:豚肉の野菜炒め、鶏手羽先の黒胡椒揚げ、厚揚げとじゃこサラダ

夕食:サーロインステーキ、ゆで卵のサラダ、野菜スープ

もともと日本人は糖質を摂りすぎているので、短期間であれば糖質制限ダイエットの食事メニューは体脂肪率が高く太っている人に効果的です。自分自身で筋トレを行う場合は、基礎代謝が落ちないようなトレーニングをすることを忘れないようにしましょう。

 

(腹筋を鍛える方法)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>