シックスパックの食事/腹筋を割るために体脂肪率を下げる方法

シックスパックの食事/腹筋を割るために体脂肪率を下げる方法

 

上記動画(腹筋RED)以外で参考になるのがテレビCMでも御馴染みのライザップの食事メニューです。ライザップでは専属のトレーナーが付きマンツーマンの筋トレを行いますが、日々の食事もトレーナーに報告する必要があります。

腹筋を割るための筋トレも大事ですが、食事も同じくらい大切です。特に特徴的なのは、米やパン、麺類など炭水化物、バナナやリンゴ等の果物、野菜では芋や人参も食べることを制限されます。つまり、糖質の多い食材は禁止ということです。その代わり、牛肉、豚肉、魚などのタンパク質はしっかり摂ります。理想の食事の量は朝3:昼5:夜2という割合が理想です。また日本酒やビールも厳禁です。しかし、低糖質のウィスキーや焼酎はOKとされます。基本的に野菜から食べることが大切です。

具体的には、例えば以下のような食事です。

朝食:チーズ入りスクランブルエッグ、ベーコンとほうれん草の炒め物、シーフードとアボカドのサラダ

昼食:豚肉の野菜炒め、鶏手羽先の黒胡椒揚げ、厚揚げとじゃこサラダ

夕食:サーロインステーキ、ゆで卵のサラダ、野菜スープ

もともと日本人は糖質を摂りすぎているので、短期間であれば糖質制限ダイエットの食事メニューは体脂肪率が高く太っている人に効果的です。自分自身で筋トレを行う場合は、基礎代謝が落ちないようなトレーニングをすることを忘れないようにしましょう。

 

(腹筋を鍛える方法)

最短で腹筋を割りたいけど割れない理由とは※劇的に効果の出る腹筋を鍛える方法

最短で腹筋を割りたいけど割れない理由とは※劇的に効果の出る腹筋を鍛える方法

fukkin

いくら腹筋運動をしても腹筋が割れないという人は腹筋のやり方を間違えている可能性が高いです。

溝の深い6つに割れた腹筋(シックスパック)をイメージしてみましょう。
どうしてキレイに腹筋が割れているのかと考えると分かります。単純に筋肉の上に脂肪がついていないからです。

腹筋運動は腹筋を鍛えます。
しかし、それは腹筋を強く大きくするための運動であって、決してお腹の上の脂肪を取り去るためにする運動ではないからなんです。

そうです。必要なのはダイエットなんですね。
本当に6つに分かれた腹筋が欲しいなら、まずはしっかりとしたダイエットが必要です。しかし、だからと言って特別にダイエットする必要もありません。

矛盾しているようですが、正しい”腹筋運動で効果的なトレーニングを行えば大丈夫です。正しい腹筋運動をするためにまずは、間違った腹筋運動を知っておくとよいでしょう。

まずはシットアップについてですが、シットアップは前記事に書いた通り、基本的に効率が悪いです。しかし、正しいやり方でできるなら、腹筋プラスαで鍛えられます。

たとえば、シットアップにひねりを加える場合、状態を上げきった状態で捻りを加えてもほとんど意味をなしません。仮に上体を起こす場合、体を起こしていきながら徐々に捻っていくのが正しいやり方です。

そして、腹筋の可動域を知った上で腹筋運動を行っていることも重要です。筋トレを行う場合、強い刺激をキープしている必要がありますが、動作の最初と最後で休んでいるケースが多いので注意しましょう。

あとは、「毎日100回を3セットやっています」など回数やセット数にこだわるのもよくないでしょう。それよりもしっかり腹筋を意識して行う方が効果的です。

劇的に効果の出る腹筋を鍛える方法を知りたいという方は、シックスパックビルダーおすすめします。

 

(腹筋を鍛える方法)

腹筋をバキバキにする方法※腹筋運動・クランチの正しいやり方(基本)

腹筋をバキバキにする方法※腹筋運動・クランチの正しいやり方(基本)

腹筋をバキバキにする方法※腹筋運動(クランチ)の正しいやり方です。

腹直筋や外腹斜筋などを鍛える腹筋運動(クランチ)の方法にも様々なやり方があります。腹筋を割るトレーニング方法と鍛え方の動画にもいろいろありますが、この動画は基本的な腹筋(クランチ)なので、初心者の方はまずこの方法でやってみるとよいでしょう。お腹・下腹・下腹部を引き締めたり、ぽっこりお腹を 解消する基本にもなります。またシックスパックを作るために必要で、男性、女性問わず初心者でも簡単にできる腹筋運動です。

【内容】

①まず膝の角度を90度にして寝ましょう
②頭の後ろに手を入れてもらいます
③そこから腹筋を丸めるイメージで腹筋を丸めるだけ

クランチというとシットアップと勘違いする人がいるんですけど、クランチはただ腹筋を丸めるだけですね(小さな運動)。
首が痛くなりやすいので手で支えてサポートしてあげます。

動きはかなりシンプルですが、しっかりと腹筋を丸めてもらって、腹筋を意識することが大事です。
ぜひやってみてください。

ちなみにクランチとシットアップの違いは分かりますか?

シットアップというのは足の甲を引っ掛けて背中だけを丸めて行い、クランチは引っ掛けないで上半身全てを起こして行います。腹筋(腹直筋)を6つに割るという目的であれば、明らかにクランチの方が効果が高いです。
なぜなら、シットアップの場合、インナーマッスルの腸腰筋、太ももの筋肉の大腿直筋、脛の筋肉の前脛骨筋が腹筋運動を助けてしまうからです。スポーツジム、ボクシングジムなどによくある傾斜のついた腹筋台がありますが、実は傾斜の角度が急であればあるほど、腹筋に負荷が伝わりにくいというデメリットがあります。

したがって、短期間で腹筋を割りたいという目的が第一なら、クランチをおすすめします。

 

(腹筋を鍛える方法)

シックスパックの作り方※最短で効果の出るトレーニングとは?

シックスパックの作り方※最短で効果の出るトレーニングとは?

 

シックスパックとは6つに割れた腹筋のことです。
最近、エグザイルのヒロのようにバキバキに腹筋を割りたい、理想のシックスバックになりたいという男性が増えています。
またライザップのCMもよく目にします。CMでは、ダイエットで体脂肪率を低くして、腹筋が6つになった男性、女性などが出演しています。
また腹筋の鍛え方の定番として、ウエストが細くなるシックスパックケア、シックスパックコアなどの腹筋マシーンや腹筋ローラーも口コミで人気があります。これらのマシーンの使い方、組み立て方、効果はインターネットのQ&Aサイトでもよく見かけるようになりました。
ジムで指導を受けない場合、自宅で自ら腹筋を付けるトレーニングを行う必要があります。しかし、これら腹筋を割るために使用する器具や道具の使い方を誤れば、その効果を発揮できません。もちろん男性、女性関係なく効果的に毎日のトレーニングを行わなければ、腹筋が割れるどころかただ筋肉痛になったり、腰痛になるだけで終わってしまう可能性もあるのです。
したがって、正しいやり方で腹筋を割るメニューをこなしていきましょう。
しかし、初心者の方は1日とか1週間で腹筋を割る方法など短期間の筋トレで効果を出したいと考えがちです。
実際、お腹周りを引き締めるには、食事や睡眠、メンタルも非常に重要なポイントとなります。
腹筋を6つに割りたいのなら、腹筋を鍛えることと脂肪を落とすプロセスをしっかりと考える必要があるのです。
たとえば、何十回、何百回と腹筋運動を行うのはさほど効果はありません。
なぜなら腹筋運動では脂肪は燃焼されないからです。
したがって、腹筋を割るには体全体にエネルギー源として蓄えられている体脂肪を落とすことを含め、トータルで考えます。
また腹筋(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)の稼動域などの知識も必要になるでしょう。

>> シックスパックビルダー

 

(腹筋を鍛える方法)

腹筋を6つに割るシンプルな秘訣とは?

腹筋を6つに割るシンプルな秘訣とは?

▼6週間で腹筋を6つに割るプログラム、シックスパックビルダーの概要

 

はっきり言って、日本人と欧米人の筋肉のつき方は違います。体が違うんです。
だから日本人は日本人の体にあった様なやり方でやっていかなければ、なかなか筋肉はつきません。
逆に日本人の体に合ったような日本人の体質を変えるようなやり方でやっていけば、他の日本人よりも早く体を帰ることができます。そういうやり方によって、6週間でウェスト10センチ減という人もどんどん出ています。
僕も41歳で体脂肪率7%を11年以上キープしています。
日本人は欧米人に比べて体内のある物質が少ないです。
だからそれを克服するような方法が必要です。
つまり、なぜ日本人は筋肉がつきにくいか?という原因が分かれば、どうやったら筋肉がつきやすくなるか?も分かります。
体が変わらない人には変えるべき3つのポイントがあります。
その3つのポイントを変えなければダメです。
体を変えるには効果が出やすい運動と効果が出にくい運動があります。
それを賢く選ばないと時間を損します。
10分の時間で10分の効果ではなくて、一つの時間を何倍にも活かすような、そういう方法を取っていけば、体は驚く程早く変わります。
最初は道具はいりません。自分の体を使う方法から始めればいいです。
運動をする場合、多くの人が何をするかだけを気にしています。
実際には「どうやるか?」が大切です。
普通に10回3セットやるだけでは体は変わりません。
A、B、Cのエクササイズがあれば、ただそれだけをやるだけではありません。
AとCを組み合わせたり、あるいはCABという順番でやっていけば、結果はまたは早いです。
あるいはスピードを早くしたり、動かす範囲を変えればまた効果も変わります。
トレーニングは物理の観点から考えれば格段に高い効果を生みます。
食事の内容が正しいだけでは不十分。
いつ食べて、いつ運動するかのタイミングも考えなければいけません。
それから成功する人は運動のことだけでなく、メンタル面のコントロール法も知っています。
いかに自分を意欲的な人間にするか、勝手にゴールに進む人間にするか、そういう自動的に気持ちが前に進んでいくようなプログラムを組めばいいだけです。
筋肉がついて、体脂肪が落ちて、かっこよくなれば自信のある男になれます。
理想の体を手に入れれば、人があなたを見る目が変わります。
無意識に感じるあなたのイメージが変わるのです。
次第に運命が変わり、人生が変わります。

 

(腹筋を鍛える方法)